健康診断

健康診断の意義とメリット

健康診断の意義とメリット

疾病の多くは急に発症するのではなく、じわじわと進行します。
「気がついたときには手遅れだった」ということのないように行うのが、健康診断の意義です。

それは「治療」ではなく「予防」。
見つかるのが早ければ早いほど、完治までに時間はかからないですし、後遺症もないでしょうし、費用的にも安く済みます。
メリットはたくさんあるので、定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

健康診断の種類

「義務」と「任意」の大きく2種類があります。

義務

学校の職員や生徒、公務員、労働者に対して義務づけられた健康診断。
結果を個人にフィードバックし自主的な健康管理を促すのが主の目的。
結果から踏まえて学校や職場環境の改善を図る目的もあります。

任意

市区町村などの自治体で行う検診や「人間ドック」が挙げられます。
受けるかどうかは個人の意思に依ります。

健康診断と人間ドックの違い

健康診断と人間ドックの違い

大きな違いは「どれだけ精密に細かく検査するか」です。
人間ドックのほうがより細かく体を調べます。
私たちのまわりにはおよそ8,000の病気が存在し、健康診断で発見できる病気はそのうちの1,000種類ほどといわれます。
一方の人間ドックでは5,000。
ただし人間ドックは健康保険が使えないため、全額自己負担になります。

社員健診・就職前検診、お任せください

当院では社員健診や就職前健診を実施しています。
まずはお電話にてご相談ください。