脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症とは

脂質異常症とは

血液中の脂肪、特にコレステロールと中性脂肪が増えた状態のことです。
2007年の改名までは高脂血症と呼ばれていました。
痛くもかゆくもなく自覚症状がありません。
糖尿病や高血圧症といった他の生活習慣病と比べると、怖い病気というイメージを持つ人が少なく、どういう病気なのか理解していない人も多いようです。

しかしその実、脂質異常症は自覚症状が出た段階になってしまうと、すでに心臓や脳、下肢の動脈硬化が進んでいることになります。
高脂血症の放置は、脳梗塞のような脳動脈疾患や狭心症、心筋梗塞などの冠動脈疾患など……重篤な病へと発展します。
高血圧と同様にサイレントキラーと呼ばれる怖い病気なのです。

脂質異常症の原因と予防法

  • 遺伝的なもの
  • 高脂肪、高カロリーな食事
  • 腎疾患によるもの
  • 内分泌性によるもの
  • 代謝異常によるもの
  • 薬物によるもの

などと原因は様々です。
体質的な部分は仕方がない面もありますが、生活習慣の改善が最大の治療法になります。
他の生活習慣病の改善にもつながるので、検査を行い、適切な治療へと望むようにしましょう。

今すぐできる、食生活の見直し

食べ過ぎや、脂肪分の多い食品のとり過ぎ、それに伴う肥満が脂質異常症と深く関係しています。
まずは食生活の改善で発症を抑えましょう。
次の6つのポイントに気をつけてください。

 偏らない、栄養バランスのとれた食事を1日3食摂る

  摂取エネルギー量を抑えて、適正な体重を維持する

  肉の脂肪を控え、不飽和脂肪酸(魚の脂や植物性油脂)を多く含む食品を摂る

  ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に摂る

  コレステロールを多く含む食品を控える

 砂糖やお菓子、清涼飲料水など、糖質の多いもの、お酒を控える

運動量も増やしてさらに改善

運動量も増やしてさらに改善

糖尿病を改善するため、運動が与えてくれるメリットは大きく2つ。
「摂りすぎたエネルギーの消費」と「脂肪分の蓄積対策」です。

運動は脂質異常症には欠かせない治療法になります。
ストレスの解消にもなるので、運動を日常の中に取り入れるようにしましょう。
ウォーキングや水中歩行、サイクリングといった有酸素運動がおすすめです。